Column

香港オフショア投資情報

【保険会社紹介】サンライフ香港(Sun Life Hong Kong)|香港オフショア投資情報

2022.04.28

生命保険医療保険保険会社・商品紹介貯蓄型保険老後資金学資保険

【保険会社紹介】サンライフ香港(Sun Life Hong Kong)

今回は日本人にも人気の高い、サンライフ香港の会社概要をご紹介します。

<目次>

  • サンライフ社の歴史
  • 会社規模
  • 格付け
  • 取り扱い商品
  • アフターサポート

 

サンライフ社の歴史

サンライフ・フィナンシャル(Sun Life Financial Inc.)

拠点:トロント(カナダ)  設立:1865年

サンライフ香港の親会社であるサンライフ・フィナンシャルは、今から150年以上前、なんとカナダの建国よりも前に設立され、日本の時代ですと江戸時代末期にまでさかのぼりますので、非常に歴史が長いことがわかります。

サンライフ香港(Sun Life Hong Kong Ltd.)

拠点:ホンハム(香港)  設立 : 1892年

サンライフ香港も香港に進出し、すでに130年以上経っており、香港の保険会社の中で最も古い保険会社です。生命保険や中長期の保険商品に加入する場合、大前提として会社が自分の保険契約よりも長く存続してもらう必要がありますので、その点、サンライフ社はとても安心できます。

 

サンライフ社の会社規模

保険会社は経営体質や財務基盤が安定していることがとても重要になってきますが、サンライフ社の営業拠点は世界27ヶ国※1、また預かり資産は2021年時点で1兆4400億カナダドル※1、日本円で約140兆円※2を超えます。これは日本の国家予算100兆円を超えているので、その取扱い金額が非常に大きいことがおわかりいただけるかと思います。

2012年は預かり資産が約5,330億カナダドルですので、約10年で預かり資産が2倍以上に増えていることから、いかに成長性が高いかがわかります。

サンライフ社はニューヨーク、トロント、フィリピンで上場を果たしており、150年以上の歴史がある、かつ今もなお、安定して成長し続けている会社といえます。

 

サンライフ社の格付け

保険会社を選ぶ際に、重要な決め手のひとつとなるのが保険会社の格付け評価です。

格付けとは、信用力調査を専門とする格付け会社が、財務力を評価したもので、格付けを見ればその会社の信用力を判断したり、他社と比較したりすることができますので、保険を加入する際や投資の面でも参考とされる指標となります。

サンライフ Assurance Company of Canadaの格付け※1

  • S&P:AA
  • Moody’s:Aa3
  • A.M.Best:A+
  • DBRS:AA

サンライフ香港の格付け※3

  • S&P:AA-

この格付けは、日本の金融機関や保険会社と比較してみると、同等か、あるいはそれ以上の非常に高い評価となっています。数年前激しい民主化デモがあったにもかかわらず、様々な情勢の変化があってもそれを乗り越えられる非常に強固な財務基盤があることがわかります。

 

取り扱い商品

サンライフ社では学資保険、生命保険、老後資金等を短期~長期で準備するためのお客さまの幅広いニーズ応える、魅力的な商品を多数取り扱っておりますが、特に日本人の方に人気のある商品を簡単にご紹介していきます。

Life Brilliance(ライフブリリアンス)
解約返戻金も死亡保障も100歳まで増え続ける終身型生命保険

日本の生命保険の場合、死亡保障は一定額変わらず保険料は掛け捨て、途中で解約すると返戻金が支払った保険料よりも少なくなってしまうことが多いと思いますが、ライフブリリアンスの場合、死亡保障額と解約返戻金は100歳まで増え続けます

また、途中で解約したとしても、支払った保険料は20年後に約2倍、40年後には約4.5~5.5倍に増えて戻ってきます。死亡時の保険金と解約時の返戻金の両方が契約経過年と共に増え続けていくという商品設計はとても魅力的です。

長い人生の中何があるかわかりませんから、お金が手元に必要になったときや、例えば80歳まで長生きして、死亡保障がそれほど必要でないと思ったときは解約して老後資金等にもつかっていただくこともでき、自由度が高く、今すぐ決める必要はなく、将来使い方を変えられるというのも人気の特徴の一つです。

加入事例はこちら

Victory(ビクトリー)
死亡保障よりも資産を増やすことを重視したい方向け

返戻率の高い商品として人気のあるビクトリーは、短い支払い期間で資産形成を目指す貯蓄型保険商品です。ライフブリリアンスも20年後に解約返戻金が約2倍になるので、返戻率は高いのですが、ビクトリーは死亡保障がないので、その分資産運用に資産をまわすことができ、ご契約開始から20年後、解約返戻金は支払い保険料の約2.4倍まで成長します。

この商品は契約者と被保険者はそれぞれ変更が可能なので、契約者・被保険者を変更して、お子さまやお孫さんに、一家の資産として、ずっと次の世代へと継承していくことができます。日本の一般的な保険とは一味違う、海外らしい設計の保険商品です。

加入事例はこちら

FlexiRitire Annuity Plan(フレキシリタイヤ・アニュイティプラン)
老後に備える年金プラン

100歳までの将来の予定収入をご自身のご希望にそってコントロールすることができる、ドル建ての年金プランです。

保険料の支払い期間や積み立てた年金の受け取り開始時期(50~80歳)、受け取り予定額など、将来のライフプランに合わせて、それぞれのお客さまにあった年金プランに柔軟にカスタマイズすることができます。定年退職してから年金をもらうまでの収入に不安がある方などに、非常におすすめです。

加入事例はこちら

アフターサポート

魅力的な香港の保険商品に興味があっても、外国語がわからなければ、お手続きやご契約の管理をどうしたらいいのか、心配かと存じます。

ジャンボアライアンスを通じてお申込みいただく場合は、商品の説明・お申し込みからご契約後の各種お手続きなど、すべて日本人スタッフが日本語でサポートをおこなっています。

また、メールでのお問い合わせのほか、日本語専用の電話窓口がございますので、英語で書類が届いたけど何が書いてあるかわからない、引っ越したので住所変更したい等いつでもお気軽に日本語でお問い合わせください。

<アフターサポート例>
  • 各種お手続き書類:お手続き方法および記入例
  • プラン状況の確認:アプリ、マイページ ※保険商品はレポートが郵送されます
  • お問い合わせ:電話、メール、お問い合わせフォーム
  • その他:各保険会社からお客さまへ直接送付された郵送物のフォローアップ

サンライフ社や商品のことに限らず、海外保険でお困りのことがございましたらジャンボアライアンス日本語代表電話、またはメール、お問合せフォームから、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォームはこちら

 

香港保険ジャンボアライアンス無料個別相談フォーム

 

※1 サンライフ社HP『2021 Annual Report』https://www.sunlife.com/
※2 1カナダドル =100円 計算
※3 サンライフ香港HP https://www.sunlife.com.hk/
※4 上記は2022年5月時点の会社情報です

 

Contact

お問い合わせ

すべて日本語でご案内いたします
お気軽にお問い合わせください

日本語代表電話

+(852)-3757-9000

[受付時間]10:00~17:00(香港時間:月~金)※香港の祝日を除く